生型鋳造法

生型鋳造の鋳型は、水分を含んだ砂を型枠の中にそのまま押し固めて使用することから、「生型[なまがた]」と名付けられました。複雑な形のものを作るには不向きですが、1つの型枠で複数の製品を量産することもできるので、経済的で量産ができる鋳造法です。

生型鋳造法 実例
ぐい飲みづくり

 

①原型

これから製作するぐい吞みの原型です。

②鋳型づくり - 原型を置く -

常盤のうえに型枠を置き、その中にぐい吞みの原型を置きます。

③鋳型づくり - 湯口確保 -

溶けた金属(ここでは錫)を流し込む為の湯口の確保する。

④鋳型づくり - 鋳物砂の充填 -

鋳物の型を製作する為の鋳物砂を網で細かくし、網を通して学校で制作している鋳物の原型にかけている。

⑤鋳型づくり - 鋳物砂の充填 -

鋳物の型を製作する為の鋳物砂を網で細かくし、網を通して学校で制作している鋳物の原型にかけている。

⑥鋳型づくり - 鋳物砂の押し固め -

型枠内に鋳物砂を充填させながら、途中で木製の棒で真上から押し固める作業を何度か行なう。

⑦鋳型づくり - 余った鋳物砂の除去 -

枠内に鋳物砂を充分に入れたら、再度押し固め作業をした後に、型枠からはみ出ている鋳物砂をきれいに取り除く。

⑧鋳型づくり - 型枠の反転 -

型枠を上下反転させる。鋳物砂が崩れ落ちてしまわないよう、慎重に作業する。

⑨鋳型づくり - 原型と湯口の確認 -

原型と湯口と鋳物砂が適切に押し固められているかを確認する。

⑩鋳型づくり - 型枠への鋳物砂の充填②

型枠の上に、もう1つの別の型枠を乗せ、溶けた金属を流し込む湯口を確保したうえで先ほどと同様に鋳物砂を充填させていく。

⑪鋳型づくり - 鋳物砂の充填と押し固め -

先程と同様に、適宜押し固め作業を行ないながら、型枠を満たすまで鋳物砂を入れていく。

⑫鋳型づくり - 余った鋳物砂の除去 -

型枠から余った鋳物砂を除去し、筒状の湯口の型も撤去する。

⑬鋳型づくり - 片方の型枠の反転・原型の除去 -

上に重ねた型枠を反転させて並べた状態。鋳物砂が適切に押し固められていることを確認し、原型と湯口の型を取り除く。反転させた型枠を再度上に重ねると、取り除かれた原型の分、わずかな空間が生まれる。そこに溶解された金属を流し込み、ぐい吞みの形状に金属が固まる。型の鋳物砂を崩して取り除くと、ぐい吞みが取り出される。(詳細写真は改めて掲載する予定です)